アンティーク スターリングシルバー

スターリングシルバーとは

スターリングシルバーとは、純銀92.5%と銅やアルミニウムが7.5%混ざっている状態の銀の事で、シルバー925とも言われます。
銀の純度表記は、1000分率で表すため、925となります。イギリスでは純銀と言われています。
シルバーは柔らかい素材のため、道具として使う際には、強度を確保するために他の金属を混ぜる必要があった様です。
またこの割合が一番硫化しにくい様です。
硫化とは、スターリングシルバーの錆のようなもので、黒くなるくすみの事です。

スターリングシルバーの見分け方

スターリングシルバーを使っている銀器には、純度やメーカーなどを表すホールマークという刻印があります。ホールマークが付いている部分が、素材にスターリングシルバーが使われているという証になります。

アンティークシルバーは、この刻印を見る事も楽しみの1つです。

「スターリングシルバーの刻印「ホールマーク」【本物の証。年代もわかる】」

こちらに刻印の見方が書かれているので、詳しくはこちらで確認下さい。メーカーや年代、生産地などがわかります。

スターリングシルバーのお手入れ方法

スターリングシルバーは、放っておくと空気中の硫黄に反応し、黒くくすんできます。その際は、クリーナーで磨けば輝きは元に戻ります。

スプーンやフォーク、ナイフなど口に入れるものは、クリーナーで磨いた後、必ず食器洗い洗剤で洗ってから使って下さい。
カトラリーや食器などは、通常、中性洗剤で普通に洗えば大丈夫です。

お手入れも簡単なスターリングシルバーは、きれいで豪華な普段使い出来るアンティーク雑貨です。

この商品が掲載されているページ

ホームへ